テンパリ~「語り得ぬ世界」10執念

昨日、予告通り、「テンパリ ブログ『語り得ぬ世界』 開設10執念」が催された。

その様子は『語り得ぬ世界』に、早々とアップされているので、私は証拠写真だけ。

店の様子。
IMG_20151118_182552.jpg

珍之助さまの方もほぼ同じ写真をアップされているけれど、はじめの刺身盛り。
IMG_20151118_190849.jpg

右から、アジ(昆布〆)、ヒラメ、マグロ、ブリ、一番左の赤いのは鹿のタタキ。
いずれも美味。特に、鹿は柔らかく、獣臭さもない、逸品である。

例によって、写真を撮ることは失念して、これぐらいしかない。
その理由の一つは、参加者を撮影するつもりが、あてがはずれたからである。

この日は「仮面舞踏会」という噂で、実際、マスクも用意されていたのだけれど、これをずっと付けていたのは私と珍之助さまだけで、みなさん、付けることに羞いがあったようである。
このため、華やかな仮面舞踏会の様子の写真は、残念ながらアップできないことになってしまった。

素面は外部との緊張で作られたものであり、仮面を付けることにより、その緊張が解かれて本来の姿が表出する。
それが羞しいに違いない。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました。

昨夜はどうもありがとうございました。
わざわざお越しいただき、また遅くまでお付き合いくださいまして、こころから感謝申し上げます。

鹿のたたきは絶品でしたね。牛より柔らかいぐらいでした。でもちゃんとそれなりの歯ごたえもありました。

能やお神楽もありますし、仮面文化がわが国には馴染んでいないことはないと思うのですが、欧風仮面に羞いがあったのでしょうか。それでも何とか女子お二人の撮影には成功しました。(ムリヤリ?笑)

Re: ありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

それにしても仮面の活用度がさっぱりでしたね。。
会場入り口で仮面を渡して、装着させるという趣向にすれば良かったのでは。
―るりひめさまだけが、仮面の下の顔を知っている、
もともと知り合いだったら仮面をつけてもバレちゃうでしょうけどね。
そこはお約束ですね。
Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん