マイナンバーがやってきた

我が家にも昨日、マイナンバーの通知がようやく届いた。
IMG_20151122_143410m.jpg

J-LISの通知カード発送状況案内では、私の居住市では11月17日に差出完了となっていたので、18日か19日には届くと思っていたのだけれど、土曜日にも届かなかった。テレビのニュースで、配達できなかった通知カードが多いこと、22日、23日に重点的に配達するというようなことが報道されていたので、そうなんだろうと思っていた。

前にも書いたけれど、11月末までにマイナンバ-を書いて提出しなければならない書類があるので、これ以上遅くなったらと、やきもきした。

また、早速、マイナンバーカードの申請も行った。
スマートフォンで写真を撮って出すというのもあるようだが、安易に撮った写真では受け付けてもらえないんじゃないかと思うので、デジカメで写真を撮って、適当なサイズにトリミングして出した。

で、めちゃくちゃ不親切だと思うのは、写真の規格について、紙の申請書に貼って出す写真については丁寧に書いてある(パスポート用と同じ)のだが、デジタル・データで出す写真については、チラシには全然案内がないし、ネットで調べても公式に案内しているページはなさそうである。
PCで申請していくと、写真の規格も案内されるのだが、ファイルサイズは20KB〜7MBで、jpeg形式である。私が出した写真は、1650×2121の1.55MBであるが、事前に規格を確認できなかったので、もし、ここで規格に合わなければ、あわててやり直さなければならない。もちろん、形式規格だけ通れば良いわけではない。ちゃんと受け付けてもらえるのか不安である。

以前に、パスポート写真で失敗している。電子データではなく、印刷したものだったけれど。

スマートフォンの申請の場合、トリミングなんてできるんだろうか。
顔画像を自動でチェックしてすぐに受付不可を返すようなシステムにはできないんだろうか。

この頃は、スマイル・シャッターとかいろいろあるから、顔として認識できて、変に歪んでないかなどをチェックするぐらいならできそうだが。もちろん、最終的には人の目でチェックするにしても。


マイナンバー制度というのは、金をかけてる割りには、ユーザーサイドでの発想がなさすぎる。というか、どうでも良いことはしつこいくらいに宣伝するくせに、本当に知りたいことは何にも教えてくれない。
役人はともかく、ITの専門家もたくさんついているはずなのだが。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん