Windows10にさせられちゃった

前にネットブックをWindows10にしたことを書いたけれど、今度は、自宅でメインで使っているPCをWindows10にバージョンアップした。
というか、させられた感じ。

いつも「Windows10にアップデートしませんか」バルーンが揚がって煩わしいなぁと思っていたわけだが、先日は、小さなメッセージのバルーンじゃなく、結構大きなウィンドウが現れて、Windows10への更新を勧誘してきた。
当然というか、今まで通り無視しようと思ったのだが、ボタンに「後で」というのがあったので、これを選択すると、何と、Windows10のダウンロードが始まった。
どうやら、このメッセージに付き合うと、インストールは後からでもダウンロードだけはさせられるようになっていたらしい。
どこかにその旨が書かれていたのかもしれないが、悪質なサイトみたいだ。

で、ダウンロードが終わると、インストールするかどうかということになるわけだけれど、もう、面倒くさくなって、この際、更新してみることにした。(戻すことはできるという話だし)

restartprocessing.jpg安物のネットブックでも2時間で更新完了したから、すぐ終わるだろうと思っていたのだけれど、「再起動しています」の表示になってから、ウンともスンとも進まない。一晩ほっといてやれと思って寝たのだが、翌朝になってもそのまま。
これではどうにもならない。意を決して、電源ボタンを長押しして強制終了、そして電源オン。
あっけなく「Windows10にアップグレード中です」の表示になった。
おいおい、それならそうと「再起動しています」じゃなくて、「再起動してください」だろう。
何がひっかかってシャットダウンされなかったのか解らないけれど。

2015-11-30_205037.png ネットブックの方は動作確認だけしてしまい込んだけれど、日々使っているPCであるから、余計なことはされないように、PCの設定をやらなければならない。

タイル・アプリをとりあえずみんなオフにした。
また、ファイル拡張子とソフトの関連付けはWindows10標準にリセットされているようだ。これも前の状態に戻さないと使いにくくてしようがない。

ニュースやらおすすめやら、こういうの、やたら押しつけがましい感じがするわけだが、PCを使うというより、これからはテレビのように受動的にPCに向かうというような時代になるのかもしれない。

2015-12-03_215730-crop.png また、アシスタント・アプリの"CORTANA"というのも付属してきた。
とりあえず、お試しということで有効にしたまま。

「何かお手伝いできることはありますか?」だって。
「間に合ってます」


どうも、このあたりはiPhoneのSIRIとか、AndroidのGoogle音声検索やYahoo音声アシストに一日の長があるようだ。これらはあらかじめ用意された対応以外の場合は、ブラウザで検索を実行するのだけれど、CORTANAはそのままではブラウザ起動してくれない。何か方法があるんだろうか。

Windows8.1の使うことのない画面一杯のタイル・インターフェイスがなくなったことで、OSが軽くなっていれば、それでOKだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん