日本のコロラトゥーラ

2015-12-06_203100s.png 昨日の「題名のない音楽会」の題名は"超絶技巧の音楽会"。

そこで田中彩子さんというコロラトゥーラ・ソプラノが紹介されていた。
「魔笛」の夜の女王のアリアが超絶技巧を要する楽曲としてとりあげられ、田中彩子さんがこれを歌った。

夜の女王のアリアというと、とにかく日本の歌劇の舞台では、いつもハラハラさせられるわけで、前にもそう書いた。
そのとき、幸田浩子さんが夜の女王をやるなら聴きに行きたいとしたけれど、田中彩子さんもなかなか。

欲を言えば、夜の女王というのは鉄の女みたいなイメージ。まだまだ繊細かな。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん