ディズニーの絵本

wanwanmonogatari.jpg このところ絵本の話題をつづけたけれど、絵本というと大量に出回っていたのがディズニーの絵本。
私の家にもディズニーの絵本が何冊かあった。

アニメのシーンを切り取って本にしたというものだったと思う。
今、手元にはないが、記憶をたどると、「わんわん物語」、「シンデレラ」、「バンビ」、「ピノキオ」などがあったと思う。

で、実は、バンビぐらいはそうでもなかったが、他の本は、なんとなく怖かった。
後に、なぜこれらに対して怖さを感じたのか考えて、思ったのが、これらの本の色使い。深く、べったりとした色なのだ。
吸い込まれるような不安感を覚えたのではないかと思う。

それに対し、お気に入りの「ちいさいおうち」は、淡い色調で落ち着く。

そもそも、ディズニーのアニメは、昔のものはそうではないけれど、最近の主人公は、口は耳元まで裂け、眼は大きくつりあがり、日本のアニメのかわいさ強調のワンパターンとは違うけれど、やはりワンパターンじゃないかと思う。そして、あんまり感情移入できない。
disneycinderella.jpg このブログでも「アナと雪の女王」をとりあげたことがあるが、そこにも同じようなことを書いていた。

日本のアニメは、かわいさの記号が充満していて、見るものはその他の細部にはそれほど注意がいかないのではないだろうか。だから細部は結構大胆に雑に描かれていても、それがかえって落ち着くように思う。
ディズニーは細部までのこだわり、特に動きのなめらかさにこだわりが強くて、気を休めるところがないのかもしれない。そして、動きの中であればそうでもないけれど、絵本に固定化すると、その細部が平たく塗りつぶされていると、空虚感を感じてしまうのかもしれない。

私はテレビゲームのたぐいはほとんどやらないのだけれど、テレビCMなどで目にする絵を見る限り、ゲームの絵はどんどん精細化しているようだ。そして、当然だが、細部へのこだわりも強くなっているだろう。しかし、ゲームの絵へのこだわりは、アニメのように平たく塗りつぶすものではなく、コンピュータが細部を埋め続けているから、ディズニーとは違うようだ。

ところで、ディズニーものというと、こうした絵本でも、パクリのものがあったのではないだろうか。
絵柄がディズニーのそれとは違う感じのものを見るような気がする。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん