プログラマーとSE

前に本物のシステム・エンジニアがどういうものか書いたが、やはりそういう理解は世間の理解とはズレている。今日は世間的理解のSEについて、プログラマーとSEの関係について考えてみる。
se_kaisou.jpg
以前、プログラマー⇒システム・エンジニア⇒プロジェクト・リーダー(システム・インテグレーター)というようなキャリア・パスが説明されていたのだけど、私の感覚では、役に立つ順はこの逆である。

某民間企業の新採社員と名刺交換したとき、肩書にシステム・インテグレーターとあった。つまり、設計ができず、プログラムが書けない人のことを言うらしい。
実際に開発にかかわるSEに、ここをこうしたらすっきりするのではと提案すると、それにはプログラムを書かなければならないと言う。
結局、役にたつのはプログラマーということになる。

このごろのSEはプログラムを書かないらしい。想像するにこれには技術的理由と開発体制に起因する理由があるようだ。
技術的理由というのは、かつてのメインフレーム・コンピュータ時代は、その技術で統一的かつ斉一にシステムを開発していたが、今は多くのサーバーを組合せ、各種のミドルソフトを使って開発しているので、多様な技術が求められ、プログラムができればシステムがわかるという時代ではないということ。
開発体制に起因する理由というのは、プログラムを書くことが必要でも、それは海外の業者に委託することが多くなっていて、ユーザーサイドのSEがプログラムを書くことが想定されていない、また、その変更は海外への委託内容の変更あるいは追加発注となる。(絶対手戻りが発生すると忠告しているにもかかわらずウォーターフォール開発をやめようとしない)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん