結局、全部MVNOに移行

家人の携帯(iPhone)をSoftBankから、MVNO(BIGLOBE SIM)に移行したことは先日、書いた。

その時は、私の端末は未だ1年分割支払金が残っていること、例の2年しばりの更新月も来年3月なので、そのままにするつもりだった。
しかし、考えると、SIMを追加できて、一つの契約で2台の端末が使えるわけだし、家人はそんなにデータ通信をするわけではない。これは、さっさと私の携帯もこちらへ移行してしまったほうが得ではないか。
ということで、私の携帯もBIGLOBE SIMにすることにした。
  • SoftBankショップへ行って、私の携帯を解約、MNP転出を申し込む。
  • 家へ帰ってすぐにBIGLOBE SIMに、音声通話付きの追加SIM(月額900円)をネットから申し込む。
  • 2日後にSIMが到着。
    (本当は1日で配送されていたけど不在だったので、受取は在宅している翌日夜間になった。)
    BIGLOBE_SIM_MNP.jpg
  • コールセンターにSIM到着を連絡して、切換を依頼。

    SIMが届いた時は既に受付時間を過ぎていたので、到着翌日に依頼。(ほっておいてもSIM到着から2日後に回線の切換が行われるようだ)

  • 切換完了
    依頼後2時間以内に切換が行われるらしいが、他事で忙しく、3時間後にSoftbank端末を見ると、「SIMを認識できません」になっていたので、SH-08Eを起動して動作確認、無事切換完了。

    手持ちのdocomoが使える端末は、前に家人の回線のときに動作確認に使ったタブレット(SH-08E)しかないので、これにBIGLOBE SIMを装着しておいた。

というように、あっけなく4日間でキャリア変更が完了。
前のSoftBankの契約では、家人の携帯も私の携帯も、定額分で月6,500円ぐらいかかっていた。私の方は、2年しばりの分少し安くなって5,500円ぐらいで済んでいたけれど、2回線合せて月13,000円が定額でかかる計算である。

これがMVNO(BIGLOBE SIM 「ライトSプラン」で、音声SIMを1枚追加すると、月3,050円になる。月10,000円近く安くなる計算である。

なお、前にも書いたように、今使っているU-mobileのデータSIM(SMS付)を解約して、BIGLOBE SIMのデータ通信用SIM(月200円)を追加するつもりなので、これでも600円ぐらい安くなる。
(と思っていたら、"0 SIM So-net"というのがあって、月500MBまでは無料という。事務手数料3,000円がいるけれど、これもアリかな)


移行に要した費用は、BIGLOBEへは、加入事務手数料・追加SIM事務手数料それぞれ3,000円、SoftBankへは解約金9,500円とMNP転出事務料3,000円、合計18,500円である。これなら2ヶ月で元がとれる計算になる。

問題は音声通話料金である。
データ通信は何の問題もないが、音声回線の利用は、SoftBankのタダトモは使えないから、正味の通話料が発生する。私はほとんど電話を使わないが、家人は実家との連絡に多用する。タダトモがなければ20,000円ぐらいになる月もある。
どうやって電話代を下げるか、これはしっかり考えよう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん