MVNOで使う端末

先日、携帯のキャリア変更について書いたけれど、今日はその端末について。

SoftBankを契約していたときはXperia Z3を使っていたが、当然SIMロックされているので、docomoのMVNO(BIGLOBE SIM)では使えない(SoftBankはdocomoと違って、2015年4月までの機種でSIMロック解除できるのはごくわずかに限られている)。

IMG_20160203_202146.jpg 既に書いた通り、今のところ手元には使える端末はタブレット(SH-08E)しかないので、これをスマホ代わりに使っているわけだが、何といっても電話がかかってくるとちょっと面倒なことになる。

タブレット単体だと音声通話はスピーカーホン状態。公共の場では使いにくい。かといってヘッドセットを常時つないでおくわけにもいかない。Bluetoothヘッドセットも持っているけれど、これもずっと電源を入れっぱなしにするのはちょっと。
電車に乗っているときに着信したときはあせった。


そして、サイズ、重量。
仕事に行くときなどは問題ないが、ちょっと買物に出るというようなときには、いくら軽いとはいえ、かさばるタブレットを持ち歩くのは億劫である(買物メモをGoogle Keepに入れてるから端末がないと困るのである)。

そこで、やはり新しい端末の購入について考えている。
docomoの端末も使えるわけだけれど、やっぱりSIMフリーがいいと思う(docomo端末は、例のテザリング妨害設定も未だあるらしい)。それに、昨年5月以降のdocomo端末は、SIMロック解除手数料は不要だが、契約者以外は解除できないことになっている(解除するために契約して解約なんて馬鹿なまねはできない)。

docomo契約者が海外で端末を使うのにはそれで良いわけだが、キャリアを渡り歩くようなことは認めないというポリシーだろう。意地悪といえば意地悪である。


で、SIMフリー端末を探すと、日本メーカーはキャリア3社に遠慮しているのか、SIMフリー端末には力が入っていないように感じる。つまり、魅力的な製品は意外に少ないし、今まで使ってきたXperia Z3(これは気に入ってた)に匹敵するものは高い。結局、ASUS、Huaweiなどから選ぶことになってしまいそうだ。

最近は、おさいふケータイを多用していたので、この機能は欲しいし、テレビ(フルセグ)も視聴したい。しかし、このどちらも国内規格だから、世界で売る機種には搭載されるとは思えない。

これも前に書いたけれど、ネットを調べればXperia Z3のSIMロック解除の情報もある。やってみる値打ちはありそうだが、ソフトを入れ替えるとおさいふケータイはダメになるらしいから、それもね


このままだと、日本の端末は売れなくなるだろう。
もう少ししたら、台湾の鴻海精密工業からAQUOSスマートフォンが出るかもしれないが。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

マイナンバー ITガジェット 書評 Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん