腕時計の買い替え

smartwatch-comparison-2014.jpg 先日、「ソーラー腕時計が停止」の記事の最後に、新しい時計を買うことにしたと書いたけれど、止まった時計が気に入っていた分、決めにくい。

検討対象の1つは、いわゆるsmart watch、スマホと通信する情報機器といっても良いものである。
しかし、smart watchは、毎日のように充電しなければならない。これは時計としては失格。毎日のようにスマホに充電して、さらにsmart watchにも充電するなんて、私にはとても耐えられない。
GPS_SOLAR150610_12.jpg ということで、早々と候補から脱落。

もう1つ検討したタイプは、GPSを使った電波腕時計
今までは電波時計といえば、標準電波(長波)で発信される日本標準時をキャッチするものだったが、GPS信号には正確な時刻情報が含まれているから、これを使って時刻合わせをすることは自然だと思う(商品としては、標準電波とGPSの両方を受信できるものが出ている。車のナビの時計はGPS時刻を表示しているのではないだろうか)。

GPSはユニバーサル。海外でも正確な時刻で時計合わせができるが、標準電波はそういうわけにはいかない。私の腕時計も国内専用、海外の電波は拾えない。
それに写真の機種はソーラー方式である。私の時計の理想、ほっておいても正確に時刻を刻み続ける、を実現している。

Screenshot_2016-03-07-15-12-13.jpg ということで、なかなか魅力的である。で、物欲が頭をもたげてきたのだけれど……
ちと手が出ない、高嶺の花。
  • 今の時計よりずっと重いし、分厚い。海外に行くこともあまりない
  • デザインがゴテゴテしすぎ、機能を印象付けたい虚仮おどし。

    今は腕時計というのは、時刻を知るための必須アイテムというより、アクセサリ。
    フォーマルな場で恥ずかしくないものでなきゃ。

  • 時計として優れているのはGPS受信だが、それはスマホでもできる

    GPS時計が見たけりゃ、スマホを使えば良いじゃないか
    (右のスクリーンショットはスマホのGPS時刻表示アプリ)。

ほら、やっぱりつまらない商品だ。酸っぱいブドウのようなものだ。
こんなものは要らないさ。

もう1つは、フォーマル腕時計、シルバーで黒革バンドといったタイプ。調べると、クォーツで年差±10秒とかいうものが出ていて、値段も3万5~6千円と手ごろ。
1本持っていても悪くないと思うけれど、完全フォーマルは普段使いは気が引ける。

結局、今まで使っていた時計と同様のものを探すことにした。
で、結局、同じくCITIZENのEXCEEDというシリーズから良さそうなものを選んだのだけど。
Amazonで注文して、すぐに届いて、そして、ちょっと後悔、というか自分の思慮不足を反省(以下、次稿)。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん