「春画展」に行った4月2日が、京都の桜の満開だったらしい。
もっとも、聞くところによると、気象庁などが満開というのは、8割ぐらいの花が開いた状態で言うらしい。
早くに開いた花が散ることも考えれば、全部が開花した頃には、それらは散っているだろうから、花の総量としては8割開花の時が一番多いのかもしれない。

「春画展」会場の細見美術館は岡崎にある。付近の桜の様子。
IMG_20160402_104259.jpg

この日、午後は宇治の方に所用があって廻った。そこで見た公園の枝垂桜。
P_20160402_145558s.jpg

そこから少し下ったところに、前に特集(?)した黄檗山萬福寺がある。そこも桜が咲いている。

今回は外から見ただけで入山はしていない。もっとも前回は煤払いで無料の日だったけど。

IMG_20160402_141701.jpg

どこも特に桜の名所というわけではない。名所といわれるようなところは、出店から漂ういろんな食べ物の臭い、人々の喧噪や土ぼこりがつきものである。
のどけからましくない。

テレビの報道番組で、花見目当ての外国人観光客が急増しているとあった。番組では京都で和服を着て花を愛でる姿が映されていた。
彼・彼女らは、純粋に日本の桜を楽しんでいるように見えた、日本人が、花見より花見酒というのとは違って。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

マイナンバー ITガジェット 書評 Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん