電車での放尿事件

018.jpg 列車の運転士が乗務中に線路へ放尿という事件が伝えられている。

もちろん許されるようなことではないけれど、報道によると駅の外の目撃者の通報だそうだが、その状況を想像すると、笑いがこみあげてくる。

以前、N海電車の車中で、乗り合わせた人から聞いた話を思い出した。

電車に飛び乗ったのはいいが、たらふく飲んでるということもあって、小便が辛抱できない。車掌をつかまえて車両連結部で用を足して良いか聞いたら、それは困るという。どうしても我慢できないというと、仕方がないといって、車掌室のドアから放尿することになった。
と、赤信号で電車が停止、車掌室がちょうど踏切の前になった……
止めようもなく、踏切待ちの人達の目の前で出し続けることになったのだそうだ。

eki_densha_shoben.jpg
放尿事件、次は私が直接目撃したものを2つ紹介。
(どちらも乗客が起こしたものだけれど)

【軌跡の尿線】

随分昔、私が通勤で使っていたK鉄の乗換の○○駅でのこと。
23時頃、酔っ払った乗客がホームの辺に立って、放尿を始めた。酔っ払いの小便は長い。
そこへ電車が入ってきた。
件の男、止めて、ブツをしまおうとするのだけれど、もちろん小便は止まらない。先頭車両からずーっと小便のあとが線を引いた。
電車には乗客も乗っている。電車が止まってドアが開いた。
立小便男の前にドアが来なかったのが不幸中の幸いだった。

kaidan_falling_water.jpg
【○○駅の滝】

前の話と同じ駅、同じぐらいの時間だと思う、ホームの乗換階段を降りたところで、電車を待っていた。ふと気がつくと、何やら階段を伝って大量の液体が順々に降ってくる。上の方を見上げると、そこには酔っ払った乗客が座り込んで、大量の放尿中。
それにしても物凄い量の尿だった。


写真はイメージです。本文の事件の記録ではありません。

読者のなかに、同様の経験をされた方がいらっしゃたら、コメントを。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん