自治会

P_20160417_122932.jpg昨日は地元の自治会の総会。
いずこも大差ないと思うが、自治会の役をするのは持ち回り。ということで、今年度は私が班長。
自治会といっても階層があって、地域全体の自治会(親会と呼んでいる)、それをいくつかのブロックに分けたブロック会があり、さらに、回覧を回したり、自治会費を集める単位として班がある。その班の班長が回ってきたという次第。

今の家に引っ越したとき、区画順の持ち回りのなかで、ちょうど通り過ぎた直後だったので、16年間この役は回ってこなかったのだが、ついに私にも順番が来たというわけ。

自治会の経験がないわけではない。若いころ住んでいたマンションの管理組合の理事長兼自治会長というのを仰せつかったことがある。そうするとやっぱり自治会の連合会というのがあって、そちらにも顔を出さなければならなかったが、地の人たちの自治会と、新住民の自治会では全然興味関心が違う。それも世の中の勉強と思って付き合っていた。

今の自治会はなんとブロックだけで600戸以上という大組織。ただマンションの管理組合とは違って、共有部分というものがあるわけではないので、財政規模はむしろ小さい。それでも数百万円である。
余計なことをいってはいけないと思って黙っていたけれど、予算書を見ると、繰越金が支出項目にもあり、しかも親会では予算の半分、ブロック会ではなんと8割近い。
アリエンだろう。
自治会活動には、市からの助成金も出る。繰越金を予算に積んでいるようなところに助成金が出るなんて、私が役人だったら切るな。

写真は総会会場の公民館。開発業者が作ったものだが、見てわかるように天井がアーチの木造建築。金がかかっている。これの修繕や建て替えが自治会の大きな課題なので、総会でもそれに関する発言があった。
正義感だと思う。
しかし、正義感はおうおうにして、傲慢になることがある。
建替計画の立案から、ターゲットを明確にした議論をしてもらえればと思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん