たてがみのないライオン

珍之助さまのように行動的かつ妄想力のあるブロガーは、ネタに困ることもなく、毎日の記事を悠々とアップされているけれど、私のように出不精かつ面白みのない日常を繰り返す者にとっては、ブログのネタ探しには毎回苦労する。

報道業界では「ニュースがないときは動物園へ行け」という格言があるそうだ。
といっても、動物園に行くだけで、ブログには十分なネタ、行けたらネタに困ったりしない。

というわけで、頼れるのはテレビの動物関係番組である。

ただし、私はペット動物の番組はあまり見ない。また、変な擬人化はキライ。
犬の言葉がわかるとかいう女性がテレビに登場すると不愉快になって、チャンネルを変えたくなる。頭ごなしに犬の言葉を否定するつもりはないが、頭ごなしに奇跡を信じろというのでは、科学的批判精神絶無。ローレンツが言うような意味での「犬の言葉」とか、言葉の発生研究とかなら、とても興味深いけれど。


さて、そうした動物関係の番組、NHK-BSの"ワイルドライフ"から。
今日はなんと昨年の4月18日に放映された「アフリカ 大サバンナ タテガミを捨てたライオンの謎を追う」から。

ネタ切れに備えて原稿を起したものの、時事の話題優先でアップせずに寝かせておいたら、そのままになり、1年以上経ってしまった。夏向きの話題だと思うので、ボツにせずアップすることにした。


tategaminonailion.jpg ケニアのツァボ国立公園。ここにとても奇妙なライオンがいる。立派なオスなのに、タテガミがほとんどない。姿形だけでなく、その暮らしぶりも常識外れだ。本来は群れの仲間が捕った獲物を横取りするのが当たり前のオスが、真面目に狩りをして群れに貢献する。他の地域ではまず考えられない行動をとるツァボのライオン。なぜこんなに変わった暮らしぶりになったのか。本来の習性を大きく変えてまで生き抜く不思議なライオンを探る。

番組ページ


番組を見て、いきなり引き込まれた。
なんとも貧相なライオンである。トラやヒョウなどは、もともとたてがみが無くても精悍な顔立ちなのに、このライオンは、たてがみが無いというより、しょぼしょぼとした抜け残りのようなたてがみで、なんだか髪が薄くなった我が身を思い知らされる。
貧相を通り越して、悪い病気にでもかかっているのかと思うぐらいである。
動物園にいたら、「不っ細工」と笑いものにされるか、「このライオン、病気なの?」と訝られるに違いない。
イボイノシシやハダカデバネズミなど、種としての不細工さとは尺度が違う、個体の不細工さである。雄々しい普通のライオンとの落差がキツすぎる不細工さである。

ところが、ところが、このライオンは雄の理想のような行動をとるのである。

その前に、なぜたてがみを失ったのか、番組の説明では暑さへの対応だという。たてがみがあると熱の発散が妨げられる。それをサーモカメラで確認した映像が流されている。
同じくライオンが暮らすセレンゲッティ国立公園は高地(標高900~1800m)、ツァボは低地(標高400~600m)で、平均気温はそれぞれ24゜Cと32゜Cだという。
このためツァボのライオンは、雄のシンボルであるたてがみを犠牲にしたという説明である。

なお、番組では、たてがみは長さより色が重要ではないかという実験の紹介などもしていた。


そして、このライオンがとる雄の理想(雌から見て)のような行動について。

○雄は自分の餌は自分で獲る

普通のライオンはプライド(群れ)の主の雄ライオンは、雌に狩りをさせて、狩りが成功したら、雌たちを追い払って、獲物を自分のものにするが、ツァボの雄ライオンは、自分の食い扶持は自分で狩るという。これはもともと獲物が少ないツァボでの暮らし方だということだ。


○雌の狩りを手伝う

体の小さな雌には難しい獲物の狩りでは雄が手伝う。そして、そうやってとった獲物も、雄が必ずしも一番に食べるわけではなく、雄は狩りで火照った体をさますため木陰で休んで、後から食べる姿が紹介されている。


○他の群れあるいは独り者の雄と協力して狩りをする

さらに大きな獲物ともなると、なんと複数の雄が協力して狩りをする姿が紹介されている。
ツァボは獲物が少なくなわばりの形成があいまいだということである。そして、もともと涼しいセレンゲッティなどの高地での種内競争に敗れたライオンが先祖で、戦いを好まない性格が代々受け継がれているのではないかという。


どうだろう、まさに雌にとって理想の雄の姿ではないだろうか

それでもツァボの雌ライオンのところに、セレンゲッティの雄ライオンが来たら、雌ライオンたちは、ことごとくそちらに心を奪われるんだろうなぁ、ツァボの雄はセレンゲッティの雄に、力でもかないそうにないし。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん