レーダークルーズコントロール

3月下旬に車を買い換えた。
車種はプリウス。石を投げたらプリウスに当たるというぐらいあまりにポピュラーだから、車の評価を書いてもおもしろくない。今日は、レーダークルーズコントロールの使い心地について。

レーダークルーズコントロールというシステムは、アクティブ・レーダーを使って、前車との距離・距離変化を検出して自動的に速度調整をするもの(前車がいないときは設定速度を維持)。また、前車に急接近し衝突が予測されるときにブレーキ制御される、いわゆる自動ブレーキもセットされている。同様のものとしてはスバルのアイサイトがあるが、こちらはテレビカメラ(2台)を使って距離を測るもので、相手が小さい自転車でも、電波を反射しにくい人間でも検出するのでこっちの方が街乗りでは効果がありそうに思う。

このシステムを付けた理由は、年寄りとしては、高速道路を楽に走りたいし、反射的行動が悪くなっても自動ブレーキがかかるという安心感が得られること。
で、実際に使ってみた感想は、あたりまえだが使い方次第。それではこのシステムを使うときの注意を以下に。

○割り込み車に気付いたら、普通どおりに対応(システムを解除)
レーダーは隣の車線の車の挙動は監視しない。人間の運転では、隣の車の動き(指示器はもちろん、加速の仕方とかを)感じて、前に入ってくると思ったらその時点でアクセルを緩めたり、ブレーキを踏むが、これに対しレーダークルーズコントロールは前車が割り込んできたときに作動開始するため、対応が遅くなり、その分、急減速となる。なお、システム解除はクルーズコントロールレバーの操作で行うが、ドライバーがブレーキを踏んでも解除されるから、軽くブレーキを踏むのが良いと思う。

○カーブがきついときはシステム解除
クルーズコントロールは、上り坂でも下り坂でも、カーブでもおかまいなく設定速度を維持しようとする。特にカーブは、人間ならアクセルを踏まないようなきつめのカーブでも、設定速度を維持しようとして加速する感覚。ネットでは、カーブのガードレールや壁をレーダーが前車と誤認して急ブレーキがかかることが報告されているから、その予防としてもカーブではシステムを解除すべきと思う。

○前車が隣車線に移ったら自分でアクセル操作
これはレーダークルーズコントロールの方式上の問題ではなく、プリウスのチューニングの問題だが、こうした前が急に空いた状況になると、一刻も早く設定速度に到達しようと、私ならこんなに強くアクセルを踏まないというぐらいの急加速がかかる。トヨタには、速度上限だけでなく、加速度上限(加速の強弱)が設定できるようにしてもらいたい。

全体に、レーダークルーズコントロールは、結構細かくアクセル、ブレーキ操作をしているように思う。今までブレーキを踏むのはエネルギーロスと考えて嫌っていたが、回生ブレーキのハイブリッド車の場合は大きなロスにはならない。ハイブリッドでないと燃費が悪くなるのではないだろうか。

まとめると、要するにシステム任せにせず従来通りの運転をし、落ち着いて巡航するときにシステムをオンにするということ。
そんな使い方で、どんなご利益があるのか? ということになるわけだが、
・保険と同じ。いざというときにブレーキがかかるという安心
・高速を巡航している時、アクセルから足を放して自由な姿勢をとれる
この二つだろう。後者は結構ありがたいものだ。

初めてこのシステムを使って高速を走ったとき、同乗者には随分不安感を与えたようだ。上述のような特徴はしばらく走っていればわかるのだが、意地になってどこまでもシステムに任せてみようとやったから。
その一方、先日は交差点で前車が急ブレーキをかけたとき、ピピピピという自動ブレーキ警告音が鳴った(ブレーキ操作は自分でやったが)。ちょっと嬉しかった。

2014_04_20_10_25_35.jpg
ステアリングの横から出ている小さなレバーがレーダークルーズコントロールの操作レバー

2014_04_19_18_05_01.jpg
写真ではわかりにくいが、レーダークルーズコントロール装備のプリウスのエンブレムには凹凸がない
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん