「人類の敵」条約

hiroshima_eiwakinen.jpg 今回のサミットでは、首脳会議に劣らず注目されているのが、サミット後のオバマ大統領の広島訪問である。

「核のない世界」を主張するぐらいだから、プラハの前後に行っておけば良かったのだろうけど、これもレイムダックの強みというか開き直り?


南米では、既に核廃絶条約が結ばれているそうだ。
これを世界に広げることが核のない世界ということだろうと思うが、多くの核保有国は

「うちだけが核を廃棄して、○○が持っていたら安全保障はなりたたない」

ということで、核廃絶には消極的だそうだ。
核保有国でない日本も消極的である、というか核の傘がなくなっては困るからか、核廃絶にはむしろ反対してきたらしい。(「日本外交は奇々怪々」

核廃絶が無理だとしても、核使用廃絶なら合意できるのではないだろうか。
どこの国も核による先制攻撃は否定している。
ならば、もし核兵器を使用する国があれば、その国に対して全世界が制裁を加える、いわば

「人類の敵」条約

というようなものを締結したらどうだろう、前提がくずれなければ反対理由はないように思うが。
核による先制攻撃を行ったら同盟国といえどもそれを支持せず、制裁側に回るというわけだ。

やっぱり日本は反対しそうだな。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん