スーパーマーズ

P_20160601_213601_LL-crop.jpg 一昨日は"スーパーマーズ"、火星が地球に接近し、見かけの大きさが極大になる。

前に"スーパームーン"を記事で取り上げたけれど、火星の写真は安直なカメラではうまく撮れないので、記事にするのは見送ろうかとも思ったけれど、言葉で誤魔化すなら悪い素材ではないと気を取り直して。


天文ニュースをあまりチェックしていないのであまり意識していなかったが、先週あたりから、夜空に明るい星が見えていた。はじめは月の形から推定して金星かとも思ったが、どうも雰囲気(つまり色)が違う。

Screenshot_2016-05-31-21-30-53.jpg で、なんだろうと思って、Androidアプリの"Sky Map"で確認したら火星だという。

それであらためて火星の情報をネットで見て、大接近していることを知ったが、そのまま忘れていたところ、テレビのニュースでも取り上げたので、やっぱり見ておこうということで空を見上げた。

"Sky Map"を使って、「この星は何だろう」と思って調べるときとは逆に、"火星"を検索してその位置を確認する。

"Sky Map"というのは、本当に楽しいアプリだと思う。
テレビでスーパーマーズを報道していた番組でも、Sky Mapを使って、火星の位置を確かめているシーンがあった。
(昼間でも火星がどこにあるかわかる。)


今回は、21:00前頃に見たが、薄く曇っている夜空に、火星だけが光を放っていた。
双眼鏡(この双眼鏡については明日の記事でとりあげる)でも見た。
見事に赤い星である。

写真は難しいと思って5月31日には撮らなかったのだけれど、記事にするにあたって、昨日、気を取り直して撮影してみた(冒頭に掲げた写真)。スマホのカメラでナイト・モードで撮影。残念ながら色はきちんとキャッチできていない。


supermars_view.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん