国債が心配

三菱東京UFJ銀行が、国債のプライマリー・ディーラーを返上を検討中との報道があった。
金融や投資には疎いから、ニュースを見てプライマリー・ディーラーがどういうものか勉強するわけだが、国債引き受けにノルマを課して、そのかわり取得にあたって優遇するという、公認のシンジケートらしい。

kokusai_ginko_nichigin.jpg 国債がどんどん売れる状況だったらいわば御用商人の旨味があったのかもしれないが、マイナス金利政策のもとでは、国債の保有が不利になる可能性があると判断して、その資格を返上する、つまり、今後は国債は引き受けないという意思表示をしたということになる。

もっとも、現状でも、市中銀行が引き受けても、すぐに日銀が買うという状態らしいから、実質的な国債の保有者がこのことで大きく変わるというわけではないようだ。

以前ならこの手のニュースに接すると、大変だ、日本はどうなるんだ、と国民として心配したけれど、定年退職して、退職金を金融機関に預けている身としては、我が事として心配になる。それなりの大金を信託していて、その運用には国債がかなり入っていると聞いているからだ。

私が預けている銀行もこれにならって国債を売り抜ける判断をするかもしれないが、そういう状況が続くなら国債価格は暴落しそう。

もっとも、近年は、価格の上下が運用成績の上下に直結するわけではなく、価格変動の上下(二階の導関数)の挙動による部分が大きいと思うから、短期的には運用成績を上げるところもあるかもしれない。その時に売り抜ければ勝ち組ということになるのだろう。


それはともかく、いろいろ言っても国債は信用できて安心な投資先だと思って、国債の割合の高い運用をしている人も多いと思う。逆に言えば、まだまだ国債は買ってもらえるのか、決定的に信用を失うのか、そのときは日本も崩壊しているだろうけど、先行きはやはり不安としか言いようがない。

そういえば北杜夫のエッセイで、父斎藤茂吉が預貯金をはたいて戦時国債を買ったために、えらく損をしたというようなことが書いてあったと記憶している。
戦時中は、日銀が国債を買い続けて政府の戦争遂行を支え、そして敗戦とともに紙切れになったわけだ。
戦争をするためのメカニズムであり、最終的に国民に責任を負わせるメカニズムでもあった。
今、それが繰り返されようとしている(既に始まっている?)のかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん