淀川の花火

P_20160806_174053-crop.jpg 昨日は淀川の花火大会。「なにわ淀川花火大会」というそうだ。
第28回、平成元年から行われているそうだ。

で、知人の自宅が、その打ち上げ場所のすぐ前のマンションである。

以前、私が住んでいたマンションは「水都祭花火大会」の打ち上げ場所(豊里大橋)に近く、ベランダから見物したりした。隣のベランダも同様なので酒のあてを交換したりして盛り上がった覚えもある。この花火大会は、今は天神祭の花火と一緒になって、もう行われなくなったようだ。


というわけで、お招きいただいた知人の家で花火鑑賞。

P_20160806_175505-crop.jpg 相当の人出という話だが、まず家から電車に乗るとき、既に浴衣姿の人たちがいる。えっ、こんなに遠いところからでも(私もそうだけれど)淀川の花火に行くんだろうか?
そして環状線に乗り換えると浴衣姿の人がどんどん増える。この人たちも花火大会?

知人宅へ行く前に、デパ地下でお寿司とケーキを買ったが、ここも大変な人(ここは花火がなくても人が多いと思うが)。
タクシーを拾おうとしても長い列。あきらめて知人宅まで15分ぐらいの道のりを歩くことにしたが、ここもまた大量の人。警察官や誘導の警備員がたくさん出ていて、花火大会の方はこちらへと、大声をあげている。

P_20160806_194215.jpg 知人宅前までくると、スーパーの入口に数十人が並んでいる。何事かと思って見ると、「トイレを利用される方はこちらに並んでください」と掲示されている(2番目の写真)。

マンションの入り口では、管理人が行き先をチェックしていた。このマンションが絶好の見物場所となっているから、勝手に入る人がいないようにしているらしい。

というわけで、花火の見物客の数は並大抵ではない。知人の部屋から川岸の桟敷のほうを見ると、まだ打ち上げまで2時間もあるというのに、既に人でいっぱいのようである(一番上の写真)。

花火の様子は、ビデオでご確認いただきたいが、1時間にわたって、切れ目なく大量の花火が打ち上げられた。その轟音も大変な迫力であった。

⇒ビデオ。花火大会のフィナーレ部分(2分25秒)


P_20160806_204232.jpg このマンションの住人は、だいたいが川が見える廊下に出ている。そして、あちこちから拍手や歓声が上がる。
そして、どうやら私同様、住人に招かれてきている人も多いようだ。
(帰りのエレベーターも満員である)

大いに満足して知人宅を後にしたが、ここからがまた大変である。
見物を終えた人の波が全く途絶えない。私は新福島駅まで歩いたのだが、どこで見物していたのか、あちこちから人が湧いてくる。
そして、新福島から電車に乗るわけだが、おそらく海老江ですでに大勢が乗ったのだろう、大変な混雑である。
これは大変だ。
汗だくになりながら満員電車で帰宅。

まぁ、それでも良いものを見せてもらった。
来年は、もう少し余裕を持って、帰りもゆっくりめにして、人混みを避けるようにした方が良いかな。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん