山の日

fukei0146la70.jpg 今日は、史上初の「山の日」
祝日法では
山に親しむ機会を得て、
山の恩恵に感謝する
」とある。

実は7月ぐらいになって、夏休みの予定を考え始めるまで、8月11日が祝日だということを全く失念していた。
普段使っているOutlook予定表だと祝日が標準では入っていないようで、気がつかなかったのである。

それにしても由来がはっきりしない。「海の日」が先にできたから、「山の日」もということなのか。それなら、「川の日」があっても良い。「山」と言えば「川」が決まり事だし。もっとも、山岳会のような組織がないと、祝日制定運動自体が起きないだろうけど。
8月11日にしたことにも特段の意味はないらしい。ただ8月12日はあの日航機事故の日なので、この日を外したというような話を何かで読んだ覚えがある。

祝日の乱造は経済活動に悪影響という意見もある。「山の日」についても、そういう理由で反対した会派もあった。
ならば、オリンピックみたいに4年に1度の祝日とかやったらどうだろう。2月29日だってだいたい4年に1度だし。
今年は「山の日」だが、来年は「川の日」、再来年は「空の日」、そしてその次は「池の日」なんて。

それにしても、この祝日は誰が喜ぶのだろう?
学校は夏休みに入っているから、子供にとってはあんまり意味はなさそうである。
山の日ができたので、夏の特別休暇を1日減らした会社もあるらしい。

さあ次はまだ祝日のない6月。
「水の日」なんてどうだろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん