夏休みのまとめ

kotohira_hongu.gif 昨日までの3日間の夏休み・旅が終了。

旅の間はスマートフォンからブログ記事をアップしていたけれど、都合によりアップしなかった写真をオマケ。

右の1枚は、金毘羅さんの本宮脇で撮ったもの。
一緒に上った知人による撮影。
顔出ししないように加工するため、リアルタイム投稿には入れなかった。

このときは本当に疲れていて、写真を撮る気がまったく起きなかった。
去年来たときは宿のチェックアウト時刻が気になって、馬のところでUターンしたわけだが、そのときは特に体に「異状」は感じなかった。それで、今回は本宮まで上ってもたいしたことはないだろうとタカをくくっていたわけだが、ペースが速かったのか、それとも単にこの1年で自分の体力が減退したのか、実にきびしかった。

汗だくで、シャツもビショビショ、汗が目に入って痛い。
御利益はいい、何か飲み物を今すぐくれ! という感じ。

飲み物はあるよ。平地で140円ぐらいのお茶が200円で。

帰り、つまり降りるときは、足がわらっていたので、上りより時間をかけて慎重に降りた。

そして今日、金毘羅さんから2日後、今、こうして原稿を書いているときも、まだ脚がいたい。
とくに、ふくらはぎが痛む、そして少し熱っぽい。
年寄りは翌日より、翌々日に痛みがでるという。そしてその翌日も残るという。
オリンピックで連日走り回っている選手たち、えらいなぁ。

(比べるほうが間違いの声が聞こえるけど。)


P_20160816_184520-crop.jpg

金毘羅さんから宿へ戻って、すぐにお風呂。
これが近所に宿をとる最大のメリット。なんといっても温泉宿だし。
汗だくになったシャツをそのままハンガーにかけて乾かした。宿には着替えを持ってきていなかったもので。

夜はコース料理。温泉旅館としては、まぁ普通。
鮎の塩焼きがついているコースを選んだのだけれど、できれば焼き立てのあつあつを出してもらいたい。

右の写真は、その夜の食事のときに注文した地ビール。
「空海」のほうはいかにも地ビールという感じで、発酵しきっていない麦の雰囲気が残るもの。
もうひとつの「さぬきケルシュ」は、それよりは洗練されて、つまり、普通のメジャーブランドのビールに近い。

ただ、この2本の後は飲みなれたプレミアム・モルツにしたけれど。
料理の写真はパス、というか撮り忘れ。写真を撮ると、ブログにでも載せるつもりかと言われるので。


ひたすら疲れる夏休み。
最後は、立ちっぱなしの新幹線で終了した次第。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット Audio/Visual マイナンバー 

現在の閲覧者数
聞いたもん