ポケモンGOができなくなった⇒半分解決

Screenshot_20160825-094223.jpg ポケモンGOができなくなった。

端末のGPSが不調で、位置情報がとれないのである。
ポケモンGOを立ち上げると、右のような画面、「GPSの信号をさがしています」のままで、地図も近所のポケモンの表示も出てこない。

2kmぐらい離れた別地点に居るという状態になったこともある。


使っている端末はZenFone 2 Laser (ZE500KL)という機種。
もともとジャイロ・センサーが付いてないからポケモンGOでは、あのARが使えないのだけれど、それはそれであきらめるとして、今まで順調に使ってきたのに、突然、この状態。"GPS test"でチェックしてもやはり衛星をキャッチできていない。

ネットで調べると、この機種にはこの不具合が頻発しているらしい。
そして、こうした状態になったときの対策についてネットにいくつか情報がある。
良くまとまっているのは、「Zenfone2 LaserのGPS精度を上げる方法」というページだが、それや、他の情報を集めて書き出すと
  1. 端末を初期化してみる
  2. 裏蓋(ケースの蓋ではなくて部品を覆っているもの)をはずして、GPSの端子の接触を改善する
  3. ケース裏に所定の形(L字型)の銅箔を貼り付ける
  4. ファームウェアを最新にする
1番目は、アプリの再インストールや設定が面倒だし、何より、全くGPSを掴まないという症状なので、まず2番目をやってみた。この作業は、やると保証外になるおそれがある(ネジの一つにシールがされていた)し、随分気をつかう作業なのだが、親切なサイトがあったので、これを見ながら、注意深く断行。

努力のかいあってGPSは一応復活した。けれど、不安定で、ポケモンをやると数十秒で「GPSの信号を探しています」になって、操作不能になる。GPS testでチェックすると、GPSを掴んでからしばらくするとまた衛星ゼロとなったりする。

Screenshot_20160825-203614.jpg Screenshot_20160825-203445.jpg それで、2よりは簡単な3番目の作業もやってみた。銅箔と書いてあったが、電波状態の改善なら、アルミでも似たような効果は出るだろうと考えて、台所のアルミフォイルを使って、同じようにケース裏に糊付け。
結果、少しは改善したようだ。

はじめGPS testでチェックすると、同じ場所で掴む衛星の数は2つぐらいしか違わない(右写真)ので、こんなものかと思ったが、ポケモンGOをやると、安定している。衛星2個の差は案外大きいのかもしれない。
なお、4番目は既に最新だったので、やっていない。というか、先日Android6にバージョンアップしたばかりである。


これでまあ大丈夫と思っていたら、家を出て、職場でやってみると、やっぱり「GPSの信号をさがしています」。
GPSの掴み方は家でも職場でも大差ない(GPS test)ので、一体、何故だろう、環境の違いはどこにあるのだろうと考えて、家ではWiFiをオン、家を出るときにはオフにしていることに思い当たった。
試しに、WiFiをオンにすると、何故か順調に動作する。もちろん、WiFiの電波は拾っているけれど、いずれも認証を必要とするアクセスポイントであり、どことも接続はしていないから、WiFiアクセスポイントから位置情報をもらえているとは考えにくい。
WiFiオフだと全然ダメということでもないようだけれど、いずれにせよ、以前はWiFiをオフにしていても位置情報をキャッチしていて、ポケモンも現れたし、ポケストップも使えたのだから、これは未解決である。

ポケモンができなくても別に困ることはないけれど、GPSがアウトということで、現在地情報が使えないわけで、ナビやいろんな検索サービスでの現在地連動ができない。
GPSがまがりなりにも前のように使えるようになって、とりあえずはよしとしておこう。

この端末は今年2月はじめに購入したもの。もともと家人用に買ったもので、Zenfone3が発売されたら私はそちらに買い替えるつもりだが、同じASUS製品、大丈夫だろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん