隣りに家が建つ

P_20160828_152849s.jpg 前に、隣家が取り壊しになったことを書いたけれど、それから1年ちょっと、買い手がついて家が建つことになった。

先々週から工事が始まっている。

工事の挨拶に来た業者の話では、この地区は売りに出るとすぐに買い手がつくということで、私としてもなんだかうれしい。

何より、風がきついときなど、今は吹きさらしのような状態だから、家が建てば以前のように風よけになってくれるだろう、日よけにもなってくれるだろう。

 開発区域の面積 34,598.66㎡
 有効宅地面積 約25,183.36㎡(約7,617.97坪)
 予定建築物 戸建住宅159戸
 1戸平均宅地面積 158.39㎡(47.91坪)
 歩行者専用道路 幅員4.0m
 緑地道路 幅員5.0m
 区画内道路 幅員6.0m・6.5m
 用途地域 第1種低層住居専用地域
 建蔽率 50%
 容積率 80%
9月には近隣の「山林」(約190m×180mの平坦地)が宅地開発され、再来年の春には売りに出されるようだ。
我が家より駅に少し近く、区画は少しだけ小さ目にして価格を抑えるらしいから、割りに早く売れると思う。

この区域内には公園(児童公園)や集会所などはないようだ。どちらも先に開発された周囲の施設を使うつもりらしい。
これでまた自治会費の分担とかで調整があるんだろうな。


関心のあるかた、私の近所でもよろしければどうぞ。

2016-08-29_132453-cropn.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん