失政は選んだ国民の責任

gempatsu_cost_tenka.jpg 眼を疑うようなニュースが流れている。
原発コスト新電力も負担、政府調整 料金に上乗せ

原発の是非については措くとして、原発を推進してきた理屈はいろいろ言われるけれど、つきつめれば経済性だったはずで、それが正しければ原発を持つ電力会社は十分儲けてきたはずだろう。
それを、廃炉が見えてくるようになると、その廃炉のコストは新電力会社、つまりそれを通じて国民が負担しろという。

原発にも耐用年数があるはずだから、減価償却や廃炉引き当てをしているだろう、税制上の優遇も受けただろう。


なるほど福島第一原発事故は「想定外」で、このような天変地異にあっては、福島県民だけでなく、全国民が負担を分かち合うべきだという言い方もできるだろう。
こうした「災害」を免れたことで、自分だけが無事で申し訳ないと感じる他県民としては拒否もしにくい。

電力自由化の理念から考えるとどうだろう。
自由競争の論理のもと、より効率的に電力を供給できる電力会社が競争に勝ち、低廉な電気料金が実現されるという説明を聞いてきた。そして原発に反対という人が多くなれば、再生可能エネルギーだけを使う電力会社が選択され、原発は競争に負けて、原発反対者にとっても満足な結果になるという説明もあったと思う。

そういう電力会社を選んだとしても、原発のコストを負担しなければならないというのは腑に落ちないことだ。
けれども、どの電力会社を選んでも全国民が等しく原発廃止コストを負担するのであれば、電力会社の選択に対してはニュートラルになる。「公正な」競争条件を確保したというわけだ。言い換えれば、旧来の電力会社が持っているお荷物は、リセットしないと勝負にならないということだ。

もちろん新電力のシェアは今のところごく僅かだろうから、直接的な被害者はそう多くないだろう。それに、私は旧来の電力会社のままであるから、負担を新電力が分担するというなら、私の電気代は下がりこそすれ、上がる理屈はないのだけれど。
新電力のシェアが大きくなって、うるさい人が少ない今のうちに制度化してしまおうという手回しの良さなら唖然とする。

新自由主義の帰結で書いた通りの状況がここにもある。

強者が利益を独占し、それがうまくゆかなくなると、強者が倒れたらみんなが困るから、みんなで助けなければならない。それに、危機が来るまでは、危機は存在しない(想定外)からそんなことは考える必要がないのだし。


どうやら、株式会社の失敗なら株主は出資の範囲での有限責任を負えば良いが、政府の失敗には、国民が無限責任を負うというしかけになっているらしい。

要するに実質増税である。
この国の為政者は、失敗しても、国民から搾り取れば誤魔化せると思ってるようだ。なめられたもんだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん