豊洲市場、落としどころが見えてきたかな

toyosu_ichiba_tokyo.jpg マスコミで連日、東京都の築地市場の豊洲移転問題が伝えられているけれど、責任追及はともかく、市場自体については、そろそろ落としどころが見えてきたように思う。

小池知事が立ち上げると言った「専門家会議」、ここでは豊洲の問題点を点検し、有毒物質等の環境問題、盛土がないことの影響、竣工済みの建物の安全性などを「明らかに」して、市場としての利用については、軽微な問題点を指摘して、豊洲移転を適正と判断することになるだろう。
前の専門家会議の提言は否定されるわけではなくて、既成の工事は、本来なら当初から選択肢になっていてもおかしくない程度の妥当性があったという総括をすると思う。

もちろん、意思決定過程や、前の専門家会議の提言を無視した都の独断については、不適正であったとし、引き続き調査、必要なら処分が検討されることになるだろう。

ということで、どうしてこんなことになったのだろう。「天の声」があったにしろ、なかったにしろ、都の職員の計画及びその実行力が弱かったということではないだろうか。

天の声があれば、それにそうように周到に計画しなければならないし、天の声がないのなら、天に責任を負わせるぐらいの内部の意思形成過程を整えなければならない。


建築も環境も素人の私の推測だから、間違っているかもしれないが、都の土木建築系の職員は、東京ガスが既に土地の改良工事もしているはずだから、盛土までしなくても問題ないと判断したのでは。ただ、それなら専門家会議に対して、その方向で誘導するのが役人の知恵というもので、専門家会議において、盛土なしでも安全性が保てるという意見を対決させるという仕掛けをしなかったのが、役人としてはデキが悪い。

それと、報道などによると、新市場は使いにくいと言われている。
衛生面の要請から、入居者が使えるスペースが区切られて、そのため使える面積も、間口も小さくなったという。また、海産物を洗うのに、築地では海水が使われているのに、新市場では真水でないとならず、これでは魚の傷みがはげしくなるという話もある。塩水に耐えられる仕様になっていないのだという。

こういう点については、移転に疑問を持っている業者を、反対者と切って捨てて、その意見を汲み上げなかった結果のように思う。良いものを作ろうという意思に欠けていたのではないか。この面においても、都の職員のデキの悪さを感じる。

都の職員はエリートなんだろうけれど、エリートの悪いところ、傲慢さが顕れたと言えるのかもしれない。

「専門家会議の先生方より、俺たちの方が偉い」、「市場の業者より、俺たちの方が偉い」


某府の前知事は「収入に見合った支出」と言っていたけれど、東京都の場合は同じようなことだけど、言葉を変えて「入るにまかせて使い放題」だったのかもしれない。

同様の事業でも、東京都は他府県に比べて数倍の経費をかけてる例もあるやに聞く。
大阪本社の大手電気メーカーが、新宿新庁舎の建設時に東京都から「うちは地元優先ですから」と言われたという話も聞いたことがある。


石原元知事が「伏魔殿」と言ったそうだが、それにしてはレベルが低いのでは。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

現在の閲覧者数
聞いたもん