千代の富士、お別れ

fc2blog_2016100123403848b.jpg 千代の富士のお別れ会が開かれた。
61歳とあまりに早い死だったが、膵臓がんだったそうだ。

先日のニュースでは、膵臓がんは発見時に既に末期という割合が、他の部位のがんにくらべ高いと報道されていた。


相撲取りは、引退後早く亡くなられる方が多いような気がする。無理に体重を増やすための暴飲暴食で肝臓をやられることが多いという話もある。しかし、千代の富士はあの体型である、こんなに早く亡くなられるとは思わなかった。

アメリカの15歳の高校生が膵臓がんの早期発見の検査法を開発したという話がTEDにあったけれど、その後、どうなったんだろう。


相撲のことはあまり詳しくないけれど、とにかく精悍な姿、取り口は、誰の記憶にも残る強烈なものだった。
で、ちょっと土俵違いになるけれど、千代の富士で思い出すのは、名ソプラノのキリ・テ・カナワが千代の富士の熱烈なファンだったということ。いつだったか、来日中のキリ・テ・カナワが大相撲の観戦に来ていたところをテレビ中継がとらえていた。

アナウンサーが千代の富士に「キリ・テ・カナワさんが大ファンだとのことですが」と聞いたのだが、千代の富士のほうは、このソプラノについては知らなかった。(不思議ではないけれど)


私がキリ・テ・カナワの名前を知ったのは、40年ぐらい前のこと、FM放送で聴いた"Exsultate jubilate"。当時、他の歌手の演奏もいろいろ聴いたけれど、キリ・テ・カナワが一番だと思った。

2016-10-01_233847.png YouTubeで探したら、いくつかキリ・テ・カナワのKV165がアップされている。
うち一つにリンクを張っておく。
Kiri Te Kanawa "Exultate, jubilate" Mozart KV165 (YouTubeにアップされているのは、40年前の演奏ではないようだけど)

もう一つ、キリ・テ・カナワが歌うラグビーワールドカップのテーマソング。
Kiri Te Kanawa - 'World In Union' Music Video
(キリ・テ・カナワはニュージーランドだから歌手に選ばれたのかな)

同じくホルスト「惑星~ジュピター」をカバーした平原綾香と比べるとおもしろいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

ITガジェット 書評 マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん