どっちもどっち、ではない

沖縄での機動隊員の発言については、さまざまに報道されている。
沖縄県東村の米軍北部訓練場ヘリパッド移設工事の警備中、抗議する人たちに「土人」「シナ人」などと発言した大阪府警の2人の男性機動隊員について、府警は21日、「軽率で不適切な発言で、警察の信用を失墜させた」として共に戒告の懲戒処分にし、発表した。府警が不適切発言で懲戒処分にしたのは初めて。
監察室によると、男性巡査部長(29)は18日午前9~10時、「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」と発言。男性巡査長(26)がほぼ同時刻、近くで「黙れ、こら、シナ人」などと言ったという。巡査部長は10日、巡査長は11日から現地で警備にあたっていた。
巡査部長は「(抗議する人が)体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」、巡査長は「過去に(抗議する人に対して)『シナ人』と発言する人がいて、つい使ってしまった」と説明。2人とも「侮蔑的な意味があるとは知らなかった」と話した、としている。
府警は同日付で2人を監督していた男性警部(41)も所属長口頭注意とした。
高木久監察室長は「誠に遺憾。今後このようなことがないよう指導を徹底する」との談話を発表した。

(朝日新聞デジタル 2016年10月21日17時57分)

記録のために、右に一記事を転載しておく。

私は別に、これが差別的暴言で許せないという意見に与するものではない。
ただ「どっちもどっち」ということではないと思う。

反対派は、沖縄を蔑視する差別的発言とし、当該警察官に根強い差別意識があると指弾し、そして、その発言のベースとして、当局の意識に問題があるとして、批判の矛先を向ける。

私は、機動隊員の発言は、差別的というより、侮蔑的であって、これはケンカをしている相手に対して、怒りの感情をぶつけたものだと思う。弁明しているように、差別意識があったというより、この言葉が相手を侮辱するものだからこそ、この言葉が口をついたということだろう。

大阪府知事は、相手も酷い言葉を使っている(週刊誌ではそうした報道もされている)、機動隊員だけが批判されるのはおかしいというような趣旨のことを言っているようだけれど、弁護したい気持ちはわかるけれど、状況の改善にはならない(実際、この発言にも批判が起こった)。

機動隊は対等のケンカをしているわけではない。
軍事用語でいえば、asymmetric(非対称)という状況なのである。

そして、何より、こういう反体制派にとっては、「剥きだしの暴権力」とか「人権意識の欠如」というものは、恰好の攻撃材料になる。こういうことがあると、どちらに理があるという問題から、権力は酷いことをするという批判にすりかわってしまう。
そして、反体制派はそのことが良くわかっているから、体制側から暴言や暴力を引き出そうとする。

話は違うけれど、乱暴な客が来たときには、相手が暴力をふるってくれれば、直ちに制圧し、警察を呼んで対応することができる。だから、それを待っているというような話もある。
上司に口答えして怒らせ、手を出させようとした人もいた。相手が手を出せばこっちのもの、人事当局に告発して配置換えだ(少なくともどちらかは)ということが狙いだったらしい。


この事件をふまえ、今後、指導を徹底するそうだが、どういう指導をするのだろう。思うに、

こういう言葉を使うと、相手に攻め口を与えることになる。
そのことを肝に銘じ、隊や国の不利益になるような行動は、絶対にするな。
つまり、挑発に載るな、何を言われても聞きながせ。

というあたりではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Gallery
検索フォーム

⇒記事一覧

プロフィール

六二郎。六二郎。


定年退職
苦しい家計の足しに再就職
=いつクビになってもええねん
 言うたもん勝ちや!のブログ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アーカイブ
カテゴリ
タグ

書評 ITガジェット マイナンバー Audio/Visual 

リンク
現在の閲覧者数
聞いたもん